ロコ・ソラーレ×WINTER MAXX 02ロコ・ソラーレ×WINTER MAXX 02

スタッドレスタイヤについて、女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」の代表理事
本橋麻里さんとメンバーにインタビュー

北海道の厳しい冬道とWINTER MAXX 02の実力を語る!

  • 鈴木夕湖

    北海道北見市の冬の路面は、日が当たると雪が溶けてシャーベット状になったり、日陰になってしまうとブラックアイスバーンという非常に危険な凍結路面になる事が日常的に起こります。厳しい冬道を運転するときは、「早めのブレーキとスピードを出しすぎない」という心掛けを大切にしています。

  • 吉田夕梨花

    キツネが飛び出してきたことがありましたが、ブラックアイスバーン状態でもしっかり止まってくれて心強かったです。

  • 代表理事 本橋麻里

    カーブの多い道をよく走りますが、膨らみが少ないですね。北見では-25℃になった日もありましたが、そんな時も路面に密着している感じがしました。

  • 藤澤五月

    急な上り坂の途中で止まってもスムーズに発進できるので安心感があります。

  • 吉田知那美

    カーリングのリンクのような凍った路面でも、雪道と同じように走れるので気持ち的にもラクです。

高性能スタッドレスタイヤを開発するダンロップが、同じく氷上で挑戦を続ける姿勢に共感しスポンサードするカーリングチーム「ロコ・ソラーレ」。

その代表理事を務める本橋麻里さんに、チームや自身の現状と目標、北海道の冬のドライブ事情などについてお聞きしました。

本橋麻里さん

“全力だけれど楽しいカーリング”をめざして

インタビュー(PDF)