植樹地域~現地ブログ~ チーム・エナセーブ

母の日を記念して

2011年10月21日|植樹地の様子

8月9日、王妃の誕生日であり母の日である8月12日を祝って、大規模な植樹が行われました。

ラノーン県内の政府機関、軍、地域住民、子どもたちなどおよそ1000人が参加した大規模な植樹プログラムとなりました。

ラノーン県知事も駆けつけ、地域住民に対して「マングローブの大切さ、植樹の大切さ」を呼びかけました。
こうしてチームエナセーブの森作りは、ラノーン県に大きなウェーブを巻き起こしています!


文・写真 公益財団法人 オイスカ スタッフ
記事のURLコメント(0)トラックバック(0)
コメントフォーム

ダンロップ