サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

タイヤの点検まずタイヤのチェックから

点検8

点検8タイヤの安全

お出かけ前にチェックしよう!タイヤのチェックポイント

タイヤのチェックポイント

唯一、地面に接地している部品であるタイヤ。
安全に走るために、いかなる時も適正な状態でなければなりません。
安全に走行いただくために、日々のドライブ前に点検を行いたいチェックポイントについてお伝えします。

タイヤのチェックポイント

チェック 1タイヤの空気圧

空気圧は走行する際の安全性や経済性を大きく左右します。タイヤの空気圧が不足すると、路面への接地面が多くなり、安全性、安定性に影響すると同時に、燃費も悪くなります。

タイヤの空気圧は適正に。定期的に点検しましょう。また、ドライブの前には必ずタイヤの接地面のたわみ具合を目視で確認するくせをつけるといいでしょう。少しでもたわみを感じたらタイヤゲージを使用して点検するようにしましょう。

チェック 1 タイヤの空気圧

チェック 2傷・亀裂の有無

タイヤに釘やガラス、金属片などが刺さっていたり、亀裂がないかチェックしましょう。
タイヤになにかが刺さっていたり、亀裂があった場合は速やかに取り除き、修理または交換を行ってください。コード(骨格)に達している傷や亀裂のあるタイヤは大変危険ですので使用しないでください。
スペアタイヤの傷や亀裂の有無もチェックしておきましょう。

チェック 2 傷・亀裂の有無

チェック 3タイヤの溝の深さ

タイヤは溝の深さが1.6ミリ以下になると法律で走行することが禁止されています。
スリップサインで確認することができますので、タイヤを使ってしばらく経ってきたらスリップサインを確認するようにしましょう。

溝の深さが不足しているとタイヤがスリップしやすくなり、とくに悪天候時には危険です。
また、すり減ったタイヤはパンクやバーストも起きやすいです。スリップサインが出てからではなく、出る前にタイヤを交換することをおすすめします。

チェック 3 タイヤの溝の深さ

チェック 4偏摩耗の点検

タイヤの摩耗の一種で、タイヤをローテーションせずに使っていたり、空気圧が低かったり、走り方によっても起こる、部分的に摩耗した状態を指します。
タイヤは装着位置によって摩耗の度合いが異なりますので、前後のローテーションを行うなどして摩耗度合いが均一になるように心がけてください。

チェック 4 偏摩耗の点検