サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

タイヤの点検タイヤの慣らし走行のポイント

点検6

点検6タイヤの慣らし走行について

新品タイヤは使用初期、過酷な条件で使うとトラブルを誘発する恐れがあります。
また、寸法成長による発熱もしやすいです。
新しいタイヤに交換した際は、タイヤ本来が持つ性能を十分に発揮させるために、慣らし走行を励行しましょう。具体的な走行方法は、乗用車・軽トラックが走行速度80km/h以下/走行距離100km以上、小型トラックが走行速度60km/h以下/走行距離200km以上で実践するのが目安。
また、慣らし走行中は“急”のつく行動や路肩へのラフな侵入などは避けるように心がけてください。

慣らし走行のメリット

  • タイヤの表面がなれて本来のゴムのグリップ性能が発揮されます。
  • タイヤ交換前後の性能差に慣れて安全な走行が確保できます。
  • ゆるやかな寸法成長およびリムとの馴染みによってより故障耐久性が向上します。

タイヤの慣らし走行は、タイヤ本来が持つ性能を十分に発揮させると同時に、タイヤを長持ちさせることにもつながります。
正しい慣らし方法を実践して、安全で快適なカーライフを楽しんでください。
ダンロップタイヤショップでは、タイヤの慣らし方法に関するご相談をお受けしています。
ダンロップはユーザーの安全を第一に考え、タイヤの開発のほかに安全啓発活動も行っています。