タイヤの保管の仕方

タイヤはゴム製品。自然な劣化をなるべく抑えて長持ちさせましょう。

タイヤはゴムでできています。
それ故に、自動車に装着して使用していないときでも、自然と徐々に劣化してしまいます。
劣化のスピードは保管方法によって大幅に変わります。主たる劣化の原因である、
「日光」「熱」「油」などからタイヤを守り、きちんと保管をすることで、
より長持ちするよう心がけましょう。
ただし、適切な保管方法を取っていたタイヤでも、長期保管をしたタイヤについては、
劣化によって安全な走行が出来ない状態になっている場合もあります。ご使用の前にしっかりと点検を行い、安全なタイヤであることを確認してから使用するようにしましょう。

keep-quality
> タイヤの正しい点検方法はこちら

タイヤの品質維持のために正しい保管方法を心がけましょう

タイヤの保管のコツその1:雨や水分からタイヤを守りましょう! ⇒
タイヤの保管のコツ:その1
雨や水分からタイヤを守りましょう!
雨に打たれる場所や湿度の高い場所では、ゴムの劣化も早まり、タイヤ内部のスチールコードが劣化する原因となります。
タイヤの保管のコツその2:直射日光、高温となる場所は避けましょう! ⇒
タイヤの保管のコツ:その2
直射日光、高温となる場所は避けましょう!
タイヤは紫外線にさらしたり、高温の場所に長期間置いておくと、ひび割れなどの劣化が起こります。
カバーなどをかけて涼しい場所に保管しましょう。
タイヤの保管のコツその3:オゾンからタイヤを守りましょう! ⇒
タイヤの保管のコツ:その3
オゾンからタイヤを守りましょう!
モーターやバッテリーなど、オゾンが発生する機器の近くで保管するのは避けましょう。
タイヤの保管のコツその4:油からタイヤを守りましょう! ⇒
タイヤの保管のコツ:その4
油からタイヤを守りましょう!
ゴムは性質上、油との相性がよくありません。タイヤワックスなどをかけている場合は、ふき取ってから保管をするようにしましょう。
タイヤの保管のコツその5:タイヤを変形から守りましょう! ⇒
タイヤの保管のコツ:その5
タイヤを変形から守りましょう!
タイヤは自動車を支えるために高い空気圧がかかっています。
タイヤをホイールに装着したまま保管する場合は、空気を抜いて内圧を弱め、ゴムの劣化を防ぎましょう。
ホイールからはずしてタイヤを保管する場合は、変形しやすいので原則として縦置きにして保管しましょう。
平積みをする際には、下になるタイヤの変形に十分注意してください。
タイヤはドライバーや同乗者の安全を担っています。
正しい保管、正しい点検で常に安全なドライブができるよう心がけましょう。
ダンロップはドライバーと同乗者の安全を第一に考え、タイヤの開発だけでなく安全啓発活動を行なっております。
> ダンロップの「安全」「環境」「快適」の3つの取り組みについてはこちらをご覧ください。