サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

タイヤの点検タイヤの溝をチェックして交換時期を見極めましょう

点検1

点検1タイヤの点検について

タイヤは定期的に点検しましょう

自動車と路面の唯一の接点であるタイヤは、車体を支えると同時に、走る、曲がる、止まるという走行要素の核となる重要なパーツです。タイヤが劣化していたり、偏摩耗が進んでいると、走行性能が低下し、制動距離も伸びてしまいます。傷や深いひび割れなどが入っていたり、金属片などの異物が刺さったままで走ると、タイヤ自体の重大な損傷にもつながるので危険です。安全・安心なドライブのためにも、タイヤは定期的に点検してください。

※タイヤの異常や不安な点が見られましたら、タイヤ専門店へご相談ください。
最寄りのダンロップタイヤショップはこちらから検索できます。

タイヤの点検ポイント

空気圧の点検

残溝

詳細を見る

ウエット路面でのブレーキ・ハンドリング・グリップを維持するために

点検箇所
タイヤの溝がすり減っていませんか?

タイヤがすり減ると溝がなくなり、スリップサインが出ます。
なお、溝の深さ1.6mm未満のタイヤは使用してはいけないと法律で定められています。
スリップサインとは溝の深さが1.6mmを示す目安です。

溝がすり減ると

※ハイドロプレーニング現象とは雨の日などの高速走行中にタイヤが水の上に乗り上げてハンドルやブレーキが効かなくなる現象です。

タイヤの溝深さと制動距離の関係(PCタイヤ)
点検&メンテナンス方法
■トレッド全周の4~9箇所にあるスリップサインが出てないか定期的に確認してください。

※スリップサインはタイヤ側面にある「△」マークの延長線上の溝でご確認ください。

スリップサイン
■専用のツールで計測して残溝1.6mm未満なら即交換、4.0mm以下なら早めに交換をしましょう。
デプスゲージ

偏摩耗

詳細を見る

タイヤを長持ちさせるために

点検箇所トレッド
タイヤの一部がツルツルになっていませんか?

タイヤの一部が偏って摩耗している状態を偏摩耗といいます。

偏摩耗が発生すると

  • 1. 走行性能が低下します
  • 2. ブレーキ性能が低下します
  • 3. 他の溝が充分に残っていても使用できなくなることがあります

主な原因

  • ショルダー摩耗
    ショルダー摩耗
    ●空気圧が低すぎる
    ●リム幅が広すぎる
  • センター摩耗
    センター摩耗
    ●空気圧が高すぎる
    ●リム幅が狭すぎる
  • 片側摩耗
    片側摩耗
    ●ミニバンのように重いクルマ
    ●アライメントが不適正
点検&メンテナンス方法
  • ■定期的に目視で摩耗状態を確認してください。
  • 空気圧不足・過多にならないように調整をしましょう。
  • ■5,000kmを目安にタイヤのローテーションをしましょう。

キズ

詳細を見る

パンクなどのタイヤトラブルを防ぐために

点検箇所全体
タイヤの表面や側面にキズはありませんか?

路上の障害物や縁石などとの接触などにより、
タイヤに亀裂や釘などの異物が刺さっている場合があります。

キズが発生していると

  • 1.パンクなどの原因になります。キズなどがタイヤ内部に達している場合は使用できません

※詳しくはタイヤ販売店にご相談ください。

点検&予防方法
  • ■キズの有無や異物が刺さっていないか定期的に確認してください。
  • ■縁石などにタイヤ側面を接触させないように注意してください。

変形

盛り上がったような変形を見つけたら至急タイヤ交換をしてください。
内部のコードが切れている(ピンチカット)可能性があります。

側面に帯状の凹凸ができる場合があります。内部構造上起きる「バルジデント」とい、不良品ではありません。詳しくはタイヤ販売店におたずねください。

点検&予防方法
  • ■変形している箇所がないか定期的に確認してください。
  • ■縁石などにタイヤ側面を接触させないように注意してください。

ひび割れ

直射日光下での保管や、つや出し剤の塗りすぎなどにより、ひび割れがタイヤの内部に達している場合使用できません。

※詳しくはタイヤ販売店にご相談ください。

点検&予防方法
  • ■つや出し剤を使用する際は適正使用量を守りましょう。
  • ■タイヤを正しい方法で保管しましょう。
  • ホイールを装着して保管する場合は空気を抜いてください。
  • ・ホイールから外す場合はタテ置きにしてください。

雨や直射日光が当たる場合、モーターやバッテリーなどオゾンが発生する機器の近く、油やストーブなどタイヤを劣化させるものの近くでは保管しないでください。

長期経過タイヤの点検・交換について

タイヤは様々な材料からできたゴム製品であり、ゴムの特性が経時変化するのに伴いタイヤの特性も変化します。
その特性の変化はそれぞれ環境条件・保管条件及び使用方法(荷重、速度、空気圧)などに左右されますので、点検が必要です。従って、お客様による日常点検に加え、使用開始後5年以上経過したタイヤについては、継続使用に適しているかどうか、すみやかにタイヤ販売店等での点検を受けられることをお奨め致します。
同時にスペアタイヤについても点検を受けられることをお奨め致します。
また、外観上使用可能のように見えたとしても(溝深さが法律に規定されている値まですり減っていない場合も)製造後10年(注)経過したタイヤ(含むスペアタイヤ)は新しいタイヤに交換されることをお奨め致します。
なお、車両メーカーがその車の特性からタイヤの点検や交換時期をオーナーズマニュアル等に記載している場合もありますので、その記載内容についてもご確認ください。

タイヤの点検は、安全なドライブを実行するうえで非常に重要です。定期的な点検を心がけてください。
また、ダンロップタイヤショップではタイヤの点検を承っていますので、お気軽にご相談ください。
ダンロップはユーザーの安全を第一に考え、タイヤの開発のほかに安全啓発活動も行っています。