サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

タイヤの基礎知識冬の凍った路面や雪道に強いスタッドレスタイヤとは

基礎知識5

基礎知識5スタッドレスタイヤとは

スパイクタイヤからスタッドレスタイヤへ

スタッドレスタイヤとは、「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」タイヤということです。
以前は、タイヤに鋲のついたスパイクタイヤが主流でした。
しかし、道路への影響や、路面を削りながら走ることによる粉塵などから使用されなくなりました。現在では、鋲がないスタッドレスタイヤが主流となり、様々な技術によって日々進化し、より冬道を安全にする工夫がなされています。
ダンロップは、スタッドレスにも独自の技術を用い、ドライバーと同乗者の安全を守る為、より優れた走行性能、制動・グリップ性能を持つスタッドレスタイヤを開発しています。

夏タイヤとスタッドレスタイヤの違い

スタッドレスタイヤと夏タイヤの大きく異なる点は、「ゴムの質」です。スタッドレスタイヤのゴムは、過酷な冬道でも性能を発揮する必要があるため、低温域でもしなやかさを保つことができる性質を持っています。
さらに、滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫が施されています。

なぜ凍結した道路、冬道はすべるのか

「滑り」の原因は、”水”

冬道の「滑り」の原因は、路面の氷上にできた水膜です。
水膜は、クルマが氷の上を走ると、車重が氷に圧力をかけ水分が溶け出すことによってできてしまいます。
0℃~-10℃で水は溶け出しやすく最も滑りやすい状態になります。温度がさらに低い状態であれば逆に水は溶け出しにくく滑りにくくもなります。

すべりの原因は「水膜」

”水”以外での「滑り」を誘発する要素とは

温度が下がると水は溶け出しにくくなりますが、ゴムの性質上、低温で硬くなってしまうと滑りやすくなります。
本来、凹凸あるゴムの表面は、柔軟に路面に密着し接地面積を増やすことでグリップ力を維持しています。
しかし、低温時に硬化したゴムは、路面に密着しにくくなってしまい接地面積の減少につながり、「滑り」を誘発してしまいます。

ダンロップのスタッドレスタイヤとは

より安全でより安心なドライビングのために、そして、過酷な冬道を走る人々のために。
いつも先を見て、先進の技術と新しい発想で、過酷な冬にも安心できる、新しいFACTを世に送り出すことが企業の使命だと考えています。

ダンロップのスタッドレスタイヤは、危険を伴う冬道でのドライバーの安全を徹底追及しています。
「ダンロップのスタッドレスタイヤで安心できる冬道」を。
ダンロップはドライバーと同乗者の安全を第一に考え、タイヤの開発だけでなく安全啓発活動を行なっております。