サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

タイヤの基礎知識パンクしても走行できるランフラットタイヤとは

基礎知識4

基礎知識4ランフラットタイヤとは

パンク時の安全性能だけでなく、
優れた走行性能と環境性能も追求。

DSST(DUNLOP Self-Supporting Technology)

ランフラットタイヤは、
空気圧がゼロになっても、所定のスピードで
一定距離を走行できるタイヤです。

ダンロップでは、早期からランフラット性能を備えたタイヤの研究開発に着手し、1970年に世界で初めてランフラットタイヤを実用化しました。安全性の向上と、スペアタイヤ不要化による省資源・軽量化といった環境性能の向上を同時に実現できることから、さまざまな車種に採用されています。

  1. 1. 空気圧0(ゼロ)でも走行可能で安全性向上。

    走行中、完全なパンク状態(空気圧ゼロ)になっても、所定の速度で一定の距離の走行が可能です。

  2. 2. スペアタイヤ不要で車内空間にゆとりと、省資源・燃費性能向上に貢献。

    スペアタイヤが不要になるため、車内空間にゆとりがうまれ車体の軽量化を実現。
    省資源や軽量化による燃費性能など環境性能が向上します。

  3. 3. サイド補強式を、さらに進化させたCTT(Combined Technology Tyre)。

    独自の断面形状をもつことで、より強靭になり軽量化も実現。
    ハイドロプレーニング性能や雪上性能、コーナリング性能、耐摩耗性向上など高性能化を実現。
    また、乗り心地の向上にも寄与しています。

    DSST 従来のサイド補強型CTT ランフラットタイヤ

    ダンロップのランフラット
    タイヤラインアップはこちら

ダンロップはユーザーの安全を第一に考え、タイヤの開発のほかに安全啓発活動も行っています。

お近くの店舗を探す

お客様の位置情報を利用して、お近くの店舗を表示します。

※お客様の位置情報を取得します。
※お客様のインターネット接続環境により、位置情報と現在地が一致しない場合があります。
あらかじめご了承ください。

特定の住所やキーワードでお探しの場合は都道府県検索・フリーワード検索をご利用ください。

お近くの店舗一覧