サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

タイヤの基礎知識タイヤのパターンおよび特長を知ろう

基礎知識8

基礎知識8タイヤのパターンおよび特長

タイヤは路面との接地面に当たるトレッドに様々な模様を刻んでいます。
これをトレッドパターンと呼称します。パターンは用途に応じて4つの種類に大別できます。
これらの基本パターンを組み合わせ、用途に合った製品を作り出しているのです。

トレッドパターンの主な役割

  • 自動車の駆動力や制動力を路面に伝えます。
  • 路面からの水を排水するとともに、トレッドを路面に密着させます。
  • スリップなどを抑制し、操縦安定性を高めます。
  • 乗り心地や静粛性を向上させます。

トレッドパターンの種類

リブ型パターン
リブ型パターン
リブ型パターン

直線またはジグザグの連続した溝をもつパターン。
特長として、操縦性や直進安定性が高い、転がり抵抗が少ない、排水性がよい、横滑りに強いなどがあります。

ラグ型パターン
ラグ型パターン
ラグ型パターン

タイヤの周方向に対してほぼ直角に溝を刻んだパターン。
特長として、駆動力や制動力に優れる、非舗装路における牽引力が高いなどがあります。

リブラグ型パターン
リブラグ型パターン
リブラグ型パターン

リブ型とラグ型の併用パターン。
両方の性能をあわせ持っていることが特長です。

ブロック型パターン
ブロック型パターン
ブロック型パターン

独立したブロック(塊)で形成したパターン。
駆動力や制動力が高く、雪上や泥濘路でのグリップ性能に優れていることが特長で、スタッドレスタイヤスノータイヤなどに採用されています。

ダンロップでは様々なトレッドパターンを開発・実用化して、タイヤの性能に磨きをかけています。
ただし、トレッド面の摩耗が過度に進むと本来の性能を発揮できなくなります。
安全で快適なドライブを行うために、定期的なタイヤ点検を心がけてください。
ダンロップはユーザーの安全を第一に考え、タイヤの開発のほかに安全啓発活動も行っています。