サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

アイスバーンや圧雪路、シャーベット路面など様々な冬道の安全走行のために。

  • ダンロップスタッドレスタイヤトップへ戻る
  • 乗用車用スタッドレス/ハイスペック「WINTER MAXX 02(ウインターマックス ゼロツー)」
  • 乗用車用スタッドレス/ベーシック「WINTER MAXX 01(ウインターマックス ゼロワン)」
  • SUV用スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX SJ8(ウインターマックス エスジェイエイト)」
  • 商用車用スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX SV01(ウインターマックス エスブイゼロワン)」
  • 冬の安全走行のために

冬の安全走行のために

どこが「滑りやすい」かを知っておきましょう!

冬のドライブで突然遭遇するアイスバーンはとても危険。
さまざまな「滑りやすい」ポイントをあらかじめ知っておくことが、冬の安全運転につながります。

  • 交差点

    タイヤでアイスバーンが磨かれて、ツルツルなことが多い危険な場所。
    また雪の壁で交差点自体が見えないこともあるので注意しましょう。

  • カーブ

    遠心力でクルマは外へ、外へと流れやすくなります。
    対向車にも、気をつけましょう。

  • トンネルの出入り口

    眼の明暗順応で先の状況が見えにくいため、路面状況の変化を予測したドライビングが必要です。

  • 坂道

    下り坂は止まりにくいので、事前にじゅうぶん減速を。
    上り坂では、発進時のアクセル操作を慎重にしましょう。

  • 橋の上

    吹きっさらしの路面は、凍結している可能性が大。
    橋=アイスバーンと心得て、通過は慎重にしましょう。

  • 山の影

    氷がいつまでも溶けずに残っている可能性が高い。
    細心の注意を払ってゆっくり走りましょう。

「ゆとり」をもった運転を心がけましょう!

冬のドライブで突然遭遇するアイスバーンはとても危険。
さまざまな「滑りやすい」ポイントをあらかじめ知っておくことが、冬の安全運転につながります。

  • 1.ゆっくり慎重に発進

    タイヤの空転を防ぐために、ローギアでゆっくりとアクセルを踏み込みます。(ローギアでスリップする場合はセカンドギアでの発進も一方法)
    また、上り坂で発進するときはより慎重に。 MT車の場合は半クラッチなども上手に使いましょう。

  • 2.加減速はゆるやかに

    コーナーでのスリップやスピンを避けるためにも、手前で十分に減速し慎重に曲がりましょう。 ブレーキも小刻みに踏んだり、エンジンブレーキを有効に使うことがポイントです。 また、わだちのある道ではハンドルを取られないように注意しましょう。

  • 3.急ブレーキは禁物

    グリップが低下している冬道での急ブレーキは、タイヤがロックしやすく大変危険。 スリップするだけでなく、ハンドル操作もできなくなります。 ブレーキペダルはかかとを床につけてゆっくりと踏む、エンジンブレーキを使うなど、冬ならではの運転のコツを身につけましょう。

  • 4.車間距離をあける

    雪道・凍結路では停止距離が非常に長くなります。自車が余裕をもって止まれるならば、後続車にもその余裕を分け与える事ができます。 事故にあわないためにも、前車との車間距離を十分にとって走行しましょう。

  • 5.四輪駆動車だからといって過信しない!

    四輪駆動車といっても、ブレーキ性能は他の駆動方式と何も変わりません。 相対的に車体が重く、発進時にトラクションがかかりやすく安定している分、速度が出やすいので、ブレーキ操作は慎重にしましょう。

スタッドレスタイヤでもチェーンが必要なことがあります!

「チェーン規制」は、一般的には駆動輪にチェーンを装着するか、全車輪にスタッドレスタイヤを装着する措置を講じていれば、通行可能なことが多い。 しかし路面状況が悪いときは、スタッドレスタイヤとチェーンの両方が必要となる「チェーン装着車以外通行止め」の場合があります。
各都道府県によって積雪または凍結した路面での滑り止め防止装置の装着措置が違うので、詳細は目的地や経路地最寄りの日本道路交通情報センターへ問い合わせましょう。

  • ページトップへ