TOPページ
DIREZZA CHALLENGE 2015
開催概要・公認サーキット
レギュレーション
参加当日の流れ
参加申込み方法
参加申込み受付
FAQ

予選大会:日光サーキット

レポートはこちら
クラス1N
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1浅山 晃尚ASA195CUPーN
/NB8C
0:46.4410:46.3900:46.415
2鳴海 淳エンプラ普通のシビック
DIXCEL/EK9
0:47.0630:47.1480:47.105
3井上 菜摘NBロードスター@
STAGE/NB8C
0:50.1630:49.2870:49.725
クラス1R
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1田中 健大エンプラATSフカヒレ君
EG☆DXL/EG3改
0:44.2360:44.0580:44.147
2福島 正秀買ったばっかりMR-S
/ZZW30改
0:44.4710:44.4140:44.442
3池田 祈生YF☆がブリチキン☆
EK-9/EK9改
0:45.6390:45.6430:45.641
4野村 剛トゥクトゥク号
シビックR(借)/EK9
0:45.5880:45.9850:45.786
5山崎 貴志チバーズ1800SC
素イフト/ZC11S改
0:45.9570:45.6790:45.818
6関山 晃司G.WORK EK9
マエケン号/EK9
0:45.9770:45.7500:45.863
7細川 元貴ENTERPRISE☆DXL☆
DC2/DC2
0:46.4680:46.1350:46.301
8裸野 哲也スピリッツGT300
MR-S@TMR/ZZW30
0:46.9550:46.8450:46.900
9高原 友希DLスピリッツ
BLITZMR-S/ZZW30
0:47.2280:47.5300:47.379
10吉崎 久善DLプロμカプチーノ
参号機/EA11R
0:48.2100:48.2520:48.231
クラス2N
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1古川 慶太AGO&GO32.Net
R56with
LINK/MF16S
0:45.5390:45.6270:45.583
2河内 哲也AGO&Go32.Net
R56with
LINK/MF16S
0:45.8910:45.6070:45.749
3植野 裕司のち2000/AP10:46.4390:45.8190:46.129
4永瀬 元晴ししまるシビック
タイプRユーロ/FN2
0:46.6820:46.5180:46.600
5山田 桂Feel’s S2000/AP20:47.1460:46.9680:47.057
6中村 健嗣FUZZ☆のえぷう☆
ノーマルAP2/AP2
0:47.2890:46.8370:47.063
7秋本 拓自まだ本気出してないだけ
★Z/Z33
0:47.4690:47.2330:47.351
8山口 悟5S号@AP1/AP10:47.7090:47.2880:47.498
9本多 克己ktm@S2000/AP10:48.1950:48.0810:48.138
10島方 大やわらか86/ZN60:48.9800:48.1080:48.544
クラス2R
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1佐鳥 隆志ARVOU Cha.AP1/AP10:44.9300:44.1370:44.534
2梅野 健太百式自動車S2000
/AP1改
0:45.4640:44.9830:45.224
3可児 敬マッハロッドS2000
/AP1
0:45.6340:44.9200:45.277
4宮地 律明TNUAC SUPER_OHLINS
S2000/AP1改
0:45.8890:45.0990:45.494
5小林 秀吉ARVOU S2000 白
2号機/AP1改
0:47.1410:46.6230:46.882
6黒澤 章Ra-man works S2000/AP10:47.2590:47.3120:47.286
クラス3N
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1前川 尚司前川自動車FD3S/FD3S0:46.2590:45.9820:46.120
2上村 政太ファンキーちょっと
控え目S15/S15
0:46.9540:46.5180:46.736
3須賀 俊博エリーゼS/11200:47.3180:46.7360:47.027
4三浦 茂人ワーキーメイト86/ZN60:47.7680:47.8800:47.824
クラス3R
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1加藤 茂パックマンRX-7/FD3S0:45.1760:44.4190:44.797
2中川 裕也TOP FUEL S-15
ピンケロ2号/S15
0:46.1640:45.1350:45.649
3稲垣 茂RSC☆SJJ@RX-7
/FD3S
0:46.1660:45.2090:45.687
4谷川 徹トップ塾長号/FD3S0:45.9760:45.5190:45.747
5佐藤 浩司S15/S150:46.9970:46.4240:46.710
6萬田 知佳子S15 シルビア/S150:47.4820:47.4030:47.442
7花崎 淳次15180SX with
チームセナ/RPS13改
0:49.0400:48.1580:48.599
クラス4N
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1内藤 源氏ナイトー自動車販売
KYBランサー/CT9A
0:45.6400:43.2690:44.455
2岡田 敬之フルブラストエボⅨ
ピッペン号/CT9A
0:45.4940:43.6500:44.572
3尾﨑 光義トトまるエボⅩ/CZ4A0:47.0150:45.8740:46.445
DNF阿久津 裕一いんぷれっさ/GDBE0:45.250--
クラス4R
  名 前 エントリー名/型式 タイム1 タイム2 タイム(平均)
1小林 公教UNLIMITED WORKS
KOBA号 CT9A/CT9A
0:43.3180:41.6770:42.497
2内田 哲哉うっちん@ベイベー軍団
ランサー/CT9A
0:44.2310:41.7330:42.982
3永蔵 誠アンリミワークス
クラッチ号/CT9A
0:44.0680:41.9140:42.991
4大月 広成ベストM・S DL
ランサー@ベイベー
/CT9A
0:44.7380:41.7320:43.235
5長谷川 友康UNLIMI☆FUZZY☆
エボⅧ/CT9A
0:44.8970:42.2120:43.554
6河合 康弘ATTKD BCNR33
GT-R/BCNR33改
0:45.0930:42.3250:43.709
7隠岐 佐千雄ATTKD おき34R/BNR340:44.9520:43.6670:44.309
8田中 誠ジーフォース
ランサー/CP9A
0:45.2380:43.6460:44.442
9尾﨑 善孝OZAO☆BABY~!☆
CT9A/CT9A
0:45.6040:44.3240:44.964
10石渡 謙介てるてる☆ベイベー軍団
ランサー/CT9A
0:45.6780:44.7950:45.236
11星野 雄介UNLIMITED WORKS
ほっしー号/CT9A
0:46.3850:44.8000:45.592
12小瀧 光宏UNLIMITED WORKS
タッキーエボⅦ/CT9A
0:46.6960:45.0260:45.861
13星 信之CT9A改ふぁいばー
えぼ2/CT9A改
0:47.7380:46.2790:47.008
14大石 博敏ATTKD R32 改/BNR320:48.1980:46.4670:47.332



 お陰さまで10年目を迎えたディレッツァ チャレンジ。開幕戦は、栃木県の日光サーキットで開催された。エントリーは59台。今年から車両クラス分けが細分化され、従来では排気量や駆動方式でクラス1〜4までに分けられていた4つのクラスにRクラスとNクラスを設定し、1Nから4Rまでの8クラスに変更。走行自体は1〜4の4クラスに分けてのコースインだが、各予選大会で8名の優勝ドライバーが生まれる。
 当日は8月末の開催ということで灼熱のバトルを予想していたが、雨模様。気温も上がらず8月とは思えないコンディションとなった。
クラス1N
クラス1N
 クラス1の出走台数は13台。その内の3台がNクラス。車両はEK9シビックとNB8ロードスター2台。改造範囲が大きいRクラスではどう考えてもシビックが有利だが、改造範囲の小さいNクラスでもそもそものパワー差が大きいだけに、ロードスター勢にとっては恵みのウエットコンディションだったに違いない。とは言え2台のロードスターは、浅山NB8が195/50R15、井上NB8は185/60R14というロードスターの世界では定番だが、他車種と勝負するには難しいタイヤサイズを装着している。対する鳴海EK9はフロントに225/40R16。スペック的には間違いなくEK9有利だが・・・。
 練習走行では鳴海EK9がトップタイムをマーク! しかし、2番手の浅山NB8が頑張り2台の差はコンマ2秒弱という予想外の展開。タイムアタック1ではコンマ3秒ほどタイムを落としてしまった鳴海EK9に対し、浅山NB8がコンマ6秒タイムアップし、2台のポジションは逆転! 続くタイムアタック2でも浅山NB8は安定した速さを見せて優勝!
 浅山NB8と鳴海EK9の2台が決勝進出権をGETした。
クラス1N 
表彰式
クラス1N 1位 
浅山選手(NB8C)
クラス1N 2位 
鳴海選手(EK9)
クラス1N 3位 
井上選手(NB8C)
クラス1R
クラス1R
 10台がエントリーしたクラス1R。通常このクラスはホンダ車のワンメイク状態だが、今回のクラス1Rはスイフト、MR-S、カプチーノが加わり賑やかな雰囲気。
 練習走行からブッチギリの速さを見せたのは、ディレッツァ チャレンジ表彰台常連組の田中EG3改。アウェイの日光にも拘わらず2番手をコンマ5秒引き離す快走を見せた。しかし、本番のタイムアタック1が始まると、田中EG3改を脅かすマシンが出現! 驚いたことにそれはシビック勢ではなく福島選手のMR-Sだった。練習走行ではコンマ5秒近く離されていたが、セクター1で田中EG3改が引き離し、高速コーナーのセクター2で福島MR-Sが挽回! バックストレート後半から最終コーナーを立ち上がりコントロールラインまでのセクター3で田中EG3改がまた差を付けるといった展開。周を重ねるごとに田中EG3改はセクター2を、福島MR-Sはセクター1と3のタイムを縮めていき、田中EG3改の44秒236に対し、福島MR-Sが44秒471と迫った。
 そしてタイムアタック2。若干ではあるがコース上の水は少なくなっている。アウェイの田中vs日光を走り込んでいる福島。FF vsミドシップ。この勝負に注目が集まったが、セッション開始早々の計測1Lap目から44秒台に入れた田中EG3改に対し、福島MR-Sのドライビングには若干の力みが見え、45秒が切れない。依然として2台の一騎打ち状態ではあるが、田中EG3改が福島MR-Sをジリジリと引き離していく。そして8分が経過した頃、田中EG3改はセクター2の走りを掴んだようで、このセクターでも全体ベストをマークして44秒フラットをマーク!
後半に福島MR-Sも44秒5、44秒4とタイムを詰めたがそこで時間切れ。優勝は田中EG3改、2番手は福島MR-S、3番手には池田EK9が入った。
クラス1R 
表彰式
クラス1R 1位 
田中選手(EG3改)
クラス1R 2位 
福島選手(ZZW30改)
クラス1R 3位 
池田選手(EK9改)
クラス2N
クラス2N
 クラス2のエントリー台数は16台。その内、Nクラスは定員の10台が集まった。クラス2には、今回もS2000が半数となる5台がエントリーしているが、フェアレディZ、86、シビックタイプRユーロ、そしてMINI(R56)が2台という多彩な顔ぶれ。改造範囲が狭くなると排気量が大きいフェアレディZが有利になるかもしれないというのが競技長の予想。しかし、10名中7名がディレッツァ チャレンジ初出場だけに、勝負の行方はまったく見えない。
 練習走行がスタートすると、トップタイムをマークしたのは古川MF16S。MINI(R56)だ! タイムは46秒010と2番手の植野AP1をコンマ6秒引き離している。しかもその100分の5秒後には河内MF16S。誰もが予想していなかった光景を目にすることになった。
 Rクラスの場合、FFはすべてクラス1となるが、Nクラスの場合は1.9L以上の車両をクラス2Nに編入させるというのが新しいルール。2台のMF16Sは1.6Lターボ。Nクラスでもパワーアップが容易な素材となるが、この2台の速さはパワーよりハンドリング。
 タイムアタック1では、0.17秒タイムを縮めた植野AP1に対し、古川MF16Sはコンマ5秒、3番手だった河内MF16Sはコンマ8秒タイムアップ! タイムアタック2では植野AP1も大幅にタイムアップし45秒819をマークするが、今度は河内MF16Sが45秒607のトップタイムをマーク。古川MF16Sもほぼ同タイムとなる45秒627で続きMINI(R56)が1−2フィニッシュ! 10年目のディレッツァ チャレンジに新しい風が吹いた。
クラス2N 
表彰式
クラス2N 1位 
古川選手(MF16S)
クラス2N 2位 
河内選手(MF16S)
クラス2N 3位 
植野選手(AP1)
クラス2R
クラス2R
 2Rクラスは6台すべてがS2000。全員がディレッツァ チャレンジ経験者。中でも可児AP1は2012年の、宮地AP1は2014年のチャンピオンドライバー。
練習走行ではロールバーを装着してからアンダーステアに苦しんでいるという佐鳥AP1が45秒557を叩き出しブッチギリのトップタイムをマーク! それを、ディフェンディングチャンプ宮地AP1と梅野AP1がほぼ同タイムの46秒3で追いかける。チェッカーまであと2分というところで宮地AP1が高速コーナーの出口でイン巻きしテールをヒット。そのままセッション終了となる。
 そしてタイムアタック1。練習走行でクラッシュした宮地AP1を含む全車が無事にコースイン。このセッションでもトップを快走したのは佐鳥AP1。2番手争いは熾烈で可児AP1、梅野AP1、宮地AP1のポジションが目まぐるしく入れ替わりながら佐鳥AP1を追いかける展開となったが、後半に佐鳥AP1が44秒台に入れ終了。続くタイムアタック2では佐鳥AP1が44秒137までタイムを縮め文句なしのブッチギリトップ! 2番手には最終アタックで逆転した可児AP1が入るが、平均タイムでは0.053秒届かず梅野AP1が2番手。可児選手は3番手となった。
クラス2R 
表彰式
クラス2R 1位 
佐鳥選手(AP1)
クラス2R 2位 
梅野選手(AP1改)
クラス2R 3位 
可児選手(AP1)
クラス3N
クラス3N
 クラス3のエントリー台数は11台。その内の4台がNクラス。その中にはフルチューンのFD3Sで決勝大会3位表彰台の経験を持つ前川FD3Sや上村S15もいる。ポテンシャルが予測出来ないのが初出場の須賀1120、ロータスエリーゼS、そしてポン付けSCを装着した三浦ZN6。興味深いメンバーだ。
 練習走行からブッチギリの速さを見せたのは前川FD3S。LSDの効きが強過ぎるのかアンダーオーバーに苦しむ上村S15にコンマ8秒の大差を付けてトップ。その勢いは止まらず、タイムアタック1も2も他を寄せ付けない速さで優勝! 3Nクラス初の表彰台の真ん中に立った。大井競技長から何故Nクラスにスイッチしたのかという質問に対し、前川選手は「安い中古車をベースに、安いパーツを使ってどれだけ勝負を楽しめるか!? をテーマに頑張りました」という回答。スーパーチューニングカーを走らせてきたベテランドライバーにとっても、新設されたNクラスは魅力的だったようだ。
 結果、2番手に入ったのは上村S15、須賀1120はコンマ3秒届かず3番手で決勝出場権をGET!
クラス3N 
表彰式
クラス3N 1位 
前川選手(FD3S)
クラス3N 2位 
上村選手(S15)
クラス3N 3位 
須賀選手(1120)
クラス3R
クラス3R
 クラス3Rへのエントリーは7台。S15とFD3Sが3台ずつ。そしてもう一台は180SXだ。有力ドライバーは去年の決勝大会を制した中川S15が筆頭だが、ここ日光サーキットは完全アウェイ、今回初走行。特に今回は難しいウェット コンディション。となると、表彰台常連組ばかりのFD3S軍団に分がありそうだ。
 という予想通り、練習走行からずば抜けたタイムをマークしたのは加藤FD3S。2番手は稲垣FD3S。中川S15も健闘し3番手につけたものの、加藤FD3Sとのタイム差は1.6秒。2番手の稲垣FD3Sに対してもコンマ5秒の差を付けられている苦しい展開。
 加藤FD3Sはタイムアタック1でも勢いが止まらずブッチギリの快走。2番手に0.8秒。タイムアタック2でも2番手にコンマ5秒差を付けてブッチギリの優勝! しかし、2番手争いは熾烈。タイムアタック1では練習走行から1秒以上タイムアップした谷川FD3Sが2番手。そして3番手の中川S15と4番手の稲垣FD3Sの差は1000分の2秒。勝負はタイムアタック2にもつれ込んだが、熾烈な勝負を制して2番手の座を手に入れたのは中川S15。3番手には100分の4秒差で稲垣FD3S。谷川FD3Sは100分の6秒届かず4位という結果となった。
クラス3R 
表彰式
クラス3R 1位 
加藤選手(FD3S)
クラス3R 2位 
中川選手(S15)
クラス3R 3位 
稲垣選手(FD3S)
クラス4N
クラス4N
 クラス4のエントリーは18台。その内Nクラスは4台。たった4台となるとディレッツァ チャレンジ表彰台常連組の内藤CT9Aと尾崎CZ4Aが間違いなく優勝候補。二人ともアウェーではあるもののドライビングも人生も超ベテラン。日光サーキットの走行経験も充分。しかし、阿久津GDBと岡田CT9Aは初出場ながら日光サーキットはホーム。さあ、この勝負、どうなるか!?
 練習走行でトップタイムをマークしたのは、初出場の岡田CT9A! 2番手には阿久津GDB! データのない初出場ドライバーは想像以上に手強かった。タイムアタック1ではトップが入れ替わり、阿久津GDBが45秒250でブッチギリ、2番手は45秒494で岡田CT9A。内藤CT9Aは45秒640で3番手。尾崎CZ4Aはオーバーステアに苦しみ47秒フラット。このまま初出場ドライバーにやられてしまうのか!? というところで、なんと、トップを快走していた阿久津GDBがクラッシュ! 最終コーナー立ち上がりで姿勢を乱し、スピンしてアウト側のウォールにヒット。左後輪のサスペンションを傷めてしまい自走不可能。しかし、依然としてトップタイム。通常のタイムアタックであればまだ優勝の望みは消えないところだが、ディレッツァ チャレンジはタイムアタック2回の平均タイムで争われるため、この時点で戦列を去ることに。
 そして、タイムアタック2では雨が上がり路面のグリップが上がってきたためか、アウェーのコースに慣れてきたためか、内藤CT9Aが本領発揮! 2番手の岡田CT9Aをコンマ4秒近く引き離す43秒269を叩き出しトップタイム。平均タイムでもコンマ1秒逆転し、クラス4Nを制した。
クラス4N 
表彰式
クラス4N 1位 
内藤選手(CT9A)
クラス4N 2位 
岡田選手(CT9A)
クラス4N 3位 
尾﨑選手(CZ4A)
クラス4R
クラス4R
 10台の募集枠を越える14台がエントリーしたクラス4R。受付当初は4台がキャンセル待ちとなったが、トータル80台ルールの適用により14台全車が出走出来ることとなった。この大会のリザルト的には、去年の決勝大会で2位に入った永蔵CT9Aが最有力だが、自己申告の日光ベストをチェックすると、永蔵CT9Aの39秒9に対し、長谷川CT9Aは39秒6、内田CT9Aは39秒7と永蔵CT9Aを含む6台が40秒を切っている実力の持ち主。しかし、路面はウエット コンディション。どんな番狂わせがあってもおかしくない状況だ。
 難しいコンディションの中、練習走行でトップタイムをマークしたのは小林CT9A。早速の番狂わせ。それも、2番手に1.5秒近い差を付けてのブッチギリトップ! ドライ路面でのベストは40秒フラットと、まだ39秒台の世界を見ていない小林CT9Aだが、まさに水を得た魚。その勢いは衰えず、タイムアタック1でも2番手にコンマ7秒の大差を付けた。
 このタイム差に対し山田選手は「小林CT9Aの速さの秘訣は多分AYCだ」とコメント。速さを追求するうえでAYCが最適ということではなく、目まぐるしく変化する路面コンディションに対して電子制御が対応してくれたということのようだ。
 一方、2番手争いは熾烈。練習走行、タイムアタック1と2番手をキープしているのは永蔵CT9Aだが、大月CT9A、内田CT9A、そして河合BNR33も射程範囲内に付けている。
 そして迎えたタイムアタック2。なんと、14時頃から雨が上がり、コース上が部分的に乾き始めた。走行時間はたったの15分だが、間違いなくコンディションは変わる! トップの小林CT9Aには大きな貯金があるが、2番手以降はまったく見えなくなった。
 セッション開始早々、好タイムを叩き出したのは小林CT9A! 計測1Lap目からタイムアタック1のベストタイムを1秒上回る42秒4をマーク! 直後に内田CT9Aが42秒5。河合BNR33も43秒フラット。そして次の周、内田CT9Aが41秒870! 小林CT9Aのタイムを大きく上回ってきた。タイムアタック1でのタイム差は0.9秒。小林CT9Aがこのまま終わるとは思えないが、強烈なプレッシャーを与えたことは確かだ。グリップが上がると苦しくなるのか、小林CT9Aは42秒台前半で周回。一方、内田CT9Aは更にセクターベストを更新! 大月CT9Aがセクター自己ベストを更新し、42秒211で2番手に浮上! 永蔵CT9Aもジリジリとタイムアップ。しかし、直後に小林CT9Aが41秒968をマークし2番手。トップの内田CT9Aに0秒098と迫る。
 タイヤのスキール音が聞こえてくるほどのコンディション。遂に小林CT9Aが41秒867! 1000分の3秒差でトップ奪回! 「しかし、こうなったら最終ラップ勝負! フライングDが提示される頃に水温が上がりすぎていたりしないように今はクーリングのタイミングだ」と大井競技長。
 永蔵CT9Aが41秒台に入れ3番手に浮上! しかし、大月CT9Aが41秒732をマークしてトップに立った! そのタイムを1000分の1秒上回り内田CT9Aが逆転! その直後に小林CT9Aが41秒677を叩き出し勝負アリ!
平均タイムでは小林CT9Aが文句なしのトップ。2番手は内田CT9A。1000分の3秒差で永蔵CT9Aが3番手に入った。
クラス4R 
表彰式
クラス4R 1位 
小林選手(CT9A)
クラス4R 2位 
内田選手(CT9A)
クラス4R 3位 
永蔵選手(CT9A)
大井競技長のコメント
大井競技長のコメント
お疲れさまでした。
皆さまのおかげで10年目を迎えたディレッツァ チャレンジ。
今年はRとNという2つのクラスを新設し、レギュレーション的に分かり難いところもあったと思いますが、新しい顔ぶれも多く、Nクラスの新設は間違いではなかったと安心しています。
しかし、クラス分けの方法としてはまだまだ改善の余地があると考えています。
来年もまた皆さんが楽しめるイベントとして更なる進化が出来るよう、ご意見、ご希望などがありましたら事務局までメールしてください。
よろしくお願いします。
TOP