TOPページ
DIREZZA タイムアタック 2015
開催概要・公認サーキット
レギュレーション
タイム登録までの流れ
FAQ
タイムランキング

レギュレーション

重要:公道車検が通っている車両での参加が必要です
Nクラス、Rクラスの区分
Nクラス
  1. GTウイング不可(エアロは量産品であれば装着可)
  2. 内装及びシート撤去不可
  3. エアコン・オーディオが作動すること
  4. フェンダー加工不可(フェンダーのツメ折りは可)
  5. 車検対応の車高90mm
  6. タービン変更不可
  7. NA車両に過給器の追加は不可
以上の7項目を条件とします。
Rクラス
Nクラスに合致しないナンバー付き車両
アンダーパネル等はバンパーに対して突出部が50mmまで
出走クラスの区分
CLASS 1
排気量が1900cc以下の車両と、すべてのFWD車両。
該当車両は、スイフト、フィット、ヴィッツ、CR-X、CR-Z、MR-S、RX-8、スターレットターボ、ブーンX4、DC5型インテグラ、FD型シビック、NB型までのロードスターなど。
但し、RE(ロータリーエンジン)及び過給器が付いている場合は1.4倍の係数が掛かります。
REターボの場合は「搭載されているエンジンの排気量×1.4×1.4=排気量」となります。
排気量換算の結果1900cc以下であれば、過給器が装着されていてもクラス1となります。
CLASS 2
排気量が1901cc以上でNAエンジン搭載のRWD車両。
該当車両は、S2000、TOYOTA 86、BRZ、シルビア、フェアレディZ、スープラSZ、BMW M3(E92型まで)、コルベットZR-6など、1901cc以上のNAエンジンに換装した車両。
CLASS 3
排気量が1901cc以上で過給器付きエンジン搭載のRWD車両。
該当車両は、シルビア、RX-7、MR-2 、スカイライン、スープラRZ、BMW 135、コルベットZR-1、BMW M3、M4など1901cc以上の過給器付きエンジンに換装した車両。
CLASS 4
排気量が1901cc以上の4WD車両。
該当車両は、ランサーエボリューション、インプレッサ、GT-R、ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4など。
  • 必ず、車検証の原本を持参してください。
  • すべてのクラスにRクラスとNクラスが存在します。
  • Rクラスは従来の車両。Nクラスは「車高90mm以上」や「GTウイング装着不可」などを規制します。
  • RクラスにもNクラスにもタイヤサイズ規制はありません。
  • ミドシップ車両を一つ上のクラスに入れる「スーパーカールール」を廃止しました。
  • 再車検時に排ガス検査をする場合があります。
TOP