サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

LE MANS Ⅴ(ル・マン ファイブ)のコーナーでは「SILENT CORE」の有と無のタイヤを用意して静粛性を体感展示

 LE MANS Ⅴ(ル・マン ファイブ)のコーナーでは「SILENT CORE」の有と無のタイヤを用意して音の違いを体感展示

DATSUN 240Zの右横には、「LE MANS Ⅴ」の紹介コーナーを設置しました。

実感できる“快適性能”を実現したLE MANS Ⅴには、新技術の「SHINOBI(シノビ)テクノロジー」と「SILENT CORE(サイレントコア)」が採用されています。SHINOBIテクノロジーはサイドウォールとトレッド部のクッション性を向上させることでタイヤの振動を吸収する新技術。

一方、世界初の技術(2005年特許取得)SILENT COREは、特殊吸音スポンジの搭載によって、空洞共鳴音(タイヤ空洞中の空気が共鳴している音。高速道路などの継ぎ目を通過した際の“パカンパカン”と鳴る共鳴音や車内で共鳴し耳障りに感じる250Hz周辺の音)の低減を図った新技術です。

これらの採用により、突起乗り越し時の入力を従来品のLE MANS 4比で10.0%低減、ロードノイズを同36.9%低減、パターンノイズを同32.4%低減し、乗り心地性能と静粛性能を高めました。

また、左右非対称パターンの採用によって外側ブロックの剛性を上げ、耐偏摩耗性能を同27.0%向上させています。

オートサロンの展示では、タイヤ単品のディスプレーやカットモデル、製品説明のキャプション、プロモーション映像などのほかに、SILENT COREの有と無のタイヤを用意して音の違いが確かめられる比較什器を設置しました。

タイヤ内部に置かれたスピーカーから流れる音楽が、SILENT CORE無ではダイレクトに反響するのに対し、有ではスポンジが音を吸収して小さなこもり音に変化することが、はっきりと確認できる仕組みです。

実際に聞き比べた来場者からは、「お~、静かだね」などの感想が聞かれました。

新グリップ向上剤のジェルの粘着性がわかる什器などを設置してDIREZZA ZⅢの特長を体感展示

DATSUN 240Zの左横には、「DIREZZA ZⅢ」の紹介コーナーとモータースポーツ用タイヤ4種類の展示コーナーを設けました。

最新のハイグリップスポーツタイヤであるDIREZZA ZⅢは、モータースポーツの技術をフィードバックして開発した新コンパウンドや、新パターンデザインとプロファイルの採用により、耐摩耗性能を維持しつつグリップ性能とコントロール性能を向上させたことが特長です。これにより、サーキットにおける連続周回時の平均LAPタイムの短縮を実現しました。

主な採用技術は3点。新しいハイグリップコンパウンドと剛性を高めたパターンデザイン、そして接地性を高めたプロファイルです。ハイグリップコンパウンドはモータースポーツで使用している新グリップ向上剤を採用するとともに、スチレンを多く結合させて発熱性を高めたハイスチレンポリマーによりグリップ性能を向上。

また、通常よりポリマー鎖を長くした高分子量ポリマーを配することで、グリップ性能との相反性能である耐摩耗性能を維持しています。パターンデザインは走行時に負荷が大きいセンターリブをワイド化するとともに、ランド比を高めたパターンデザインを採用し、剛性を高めてグリップ性能とコントロール性能を向上させました。

プロファイルは旋回時の接地圧を、より均一化することで、グリップ性能とコントロール性能の両方を引き上げています。これらの改良により、サーキット走行における連続周回時の最速LAPタイプを従来品のDIREZZA ZⅡ★(STARSPEC)比で1.6%、平均LAPタイムを同比で1.5%短縮しました。

オートサロンの展示では、見て、触って、しかも爪で押したりもできるタイヤ単品のディスプレーや製品説明のキャプション、走行時のモニター映像のほかに、新グリップ向上剤のジェルの固さを体感できる什器も設置しました。

透明の密閉筒のなかに新グリップ向上剤をイメージしたレプリカのジェルを入れ、そこに差し込んだヘラを回転させることでジェルがどれくらい固く、粘り気を持っているかを確認することができる仕組みです。来場者は、「水飴を固くした感じ」「これを配合しているのなら、タイヤのグリップが上がりそう」などと感想を漏らしていました。

DIREZZA ZⅢコーナーの背面には、モータースポーツ用の4種類のDIREZZAシリーズタイヤを展示しました。

ランド比を高めたパターンデザインとハイグリップコンパウンドの採用などによりグリップ性能を徹底追求したスポーツラジアルタイヤの「DIREZZA β02」、新プロファイルとグルーブを採用して優れたグリップと高度な操作性を実現したオンロード競技用の「DIREZZA 03G」、進化した非対称方向性パターンで高いグリップとトラクション性能を確保するともに各部の剛性を最適化した高剛性構造を採用することで幅広い路面コンディションで実力を発揮するダート&ラリー用タイヤの「DIREZZA 87RW」、軟質ダートから泥ねい路で、すぐれたトラクションを発揮し、専用の非対称パターンによりルースから硬質ウエット路面までトラクション性能がさらにアップしたダート&ラリー用タイヤの「DIREZZA 74R」です。

タイヤ単品の横にはモニターを設置し、各製品を装着したクルマの走行シーンを放映しました。