サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

ブースのテーマは「ドライブの楽しさをDUNLOPで。」

カスタムカーの一大祭典、「東京オートサロン」が、2017年1月13日(金)~15日(日)に千葉県千葉市美浜区の幕張メッセで開催されました。メッセ全館での展示に加えて、隣接のZOZOマリンスタジアムでカスタムカー同乗試乗会を行うなど、規模も内容もグレードアップした日本における“もうひとつのモーターショー”に、ダンロップは今年もブースを構えました。

2017年の出展テーマは、「ドライブの楽しさをDUNLOPで。」です。2月より発売される新ハイグリップスポーツタイヤの「DIREZZA ZⅢ(ディレッツァ ズィースリー)」と、実感できる“快適性能”を実現した低燃費タイヤの「LE MANS Ⅴ(ル・マン ファイブ)」を披露するとともに、DUNLOPタイヤを履く新旧2台のレースカーとチューニングコンセプトカーの展示、そしてイベントステージでのモータースポーツや新タイヤに関するトークショーに期間限定アイドルユニットによるパフォーマンスなど、盛りだくさんの仕掛けで来場者を迎えました。

では、ブースの内容を詳しくレポートしていきましょう――。

<ダンロップ年表>

1888 英国にて獣医ジョン・ボイド・ダンロップが空気入りタイヤを発明する。
息子のジョニーに「ボクの三輪車をもっと楽に、速く走れるようにして」と、頼まれたのがきっかけ。
1905 はじめてトレッドに横溝のパターンをつけた自動車用タイヤを開発。
1909 英国DUNLOP社の工場を誘致。日本初の近代的ゴム工場として創業。
自転車タイヤ・チューブ、人力車用タイヤ(ソリッド)の生産を開始する。
1913 日本で自動車用タイヤの生産を開始する。国産第一号タイヤ誕生。
1924 DUNLOP装着チームBENTLEYがル•マン初優勝を飾る。
1927 米国デイトナビーチにて、DUNLOP装着のサンビーム特別カー(セグレブ少佐:英)が平均時速203マイル
(326.6km/h)の新記録を達成する。
1931 DUNLOP装着チーム、ル•マン8連覇を成し遂げる。
1947 数多くのスピード記録の挑戦にタイヤを提供。
米国ユタ州にてRailton Mobil Special号が時速394マイル(634km/h)の新記録を樹立する。
1956 DUNLOPがF1グランプリに参戦する。
1960 濡れたガラス盤上を高速で通過できる装置を作りハイドロプレーニング現象をはじめて解明する。
1972 軽いパンクなら80km/hで160km走行可能なタイヤの開発に成功する。
1988 空気入りタイヤ実用化100年。
1991 DUNLOP装着のMAZDA787Bで日本車としてル•マン初優勝を飾る。
1998 スーパーコンピュータ内でタイヤモデル(単体)を転動させ、走行中の接地面などを分析する
Digital Rolling Simulation「デジタイヤ」を発表する。タイヤ開発史上に残る技術と評価を得る。
1999 米国GOODYEAR社とグローバル・アライアンスを締結する。
2002 4本のタイヤを装着し、走行中の挙動や路面環境をスーパーコンピュータ内で再現・分析する技術
Digital Rolling Simulation II を発表する。
2006 走行時におけるタイヤ内部の空気振動を徹底的に分析し、耳障りなノイズの低減を可能にする
Digital Rolling Simulation III を発表する。
世界初※1の音を吸い取る特殊吸音スポンジを搭載した LE MANS LM703 を発売する。
石油外天然資源使用比率70%を達成した新世代エコタイヤ ENASAVE ES801 を発売する。
2008 石油外天然資源使用比率を97%にまで高めた新世代エコタイヤ ENASAVE 97 を発売する。
2009 転がり抵抗の低減で低燃費を実現した ENASAVE EC202 を発売。
2010 ダンロップの最先端技術をフルに投入して開発された輸入外車用フラッグシップタイヤ
SP SPORT MAXX GT と SP SPORT MAXX TT を発売。
2011 低燃費タイヤでは世界初の特殊吸音スポンジを搭載し、静粛性・快適性に、ウエット性能・低燃費性能を高次元でバランスしたLE MANS 4(LE MANS LM704)を発売。ダンロップが誇る先進の技術を駆使し、ヨーロピアンSUVの高荷重・高重心・高出力に対応した、ニューフラッグシップ・SUV専用タイヤ SP QUATTRO MAXX を発売。
2012 エナセーブ史上最高の低燃費性能。低燃費タイヤのテクノロジーを結集したフラッグシップモデル
「エナセーブ PREMIUM(プレミアム)」を発売。
サーキットでのタイム短縮を実現するハイグリップタイヤ「DIREZZA ZⅡ」を発売。
2013 高い静粛性能と優れた操縦安定性能に、低燃費性能を兼ね備えたプレミアムコンフォートタイヤ
「VEURO VE303」を発売。100%石油外天然資源タイヤ「エナセーブ100」発売
2014 低燃費タイヤグレードAAの優れた低燃費性能タイヤ「エナセーブ EC203」を発売。
高い走行性能と環境性能を両立させたオンロード向けSUV用タイヤ「GRANDTREK PT3」を発売。
LAPタイム短縮を実現するハイグリップスポーツタイヤ「DIREZZA ZⅡ STAR SPEC」を発売。
快適性能を備えたスポーツタイヤ「DIREZZA DZ102」を発売。
エナセーブ史上No.1 の低燃費性能とウエット性能を実現した「エナセーブ NEXT(ネクスト)」を発売。
ふらつきを抑える、ミニバン専用の長持ちする低燃費タイヤ「エナセーブ RV504」を発表。
次世代新工法「NEO-T01」採用のプレミアムランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 NEO」を発売
2016 高純度天然ゴム「UPNR(ユーピーエヌアール)」をトラック・バス用タイヤに初めて採用。
低燃費オールシーズンタイヤDUNLOP「エナセーブSP688 Ace(エスピーロクハチハチ エース)」新発売
スポーツラジアルタイヤDUNLOP「DIREZZA β02(ディレッツァ ベータゼロツー)」新発売
ジムカーナ、サーキット競技用スポーツタイヤ DUNLOP「DIREZZA 03G(ディレッツァ ゼロサンジー)」新スペックを発売
DUNLOP史上最高傑作スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX 02(ウインターマックス ゼロツー)」を新発売
DUNLOP「LE MANS 4(ル・マン フォー)」が「29th 日刊自動車新聞用品大賞2016」の「タイヤ・ホイール部門賞」を受賞
新材料開発技術「ADVANCED 4D NANO DESIGN」採用第一弾商品 DUNLOP「エナセーブ NEXTⅡ (エナセーブ ネクスト ツー)」を新発売
2016年オートバックス全日本カート選手権」において、DUNLOP装着車両がKF部門で4年連続シリーズチャンピオン獲得

※1:タイヤの内側に非リング状の特殊なスポンジを装着し、ロードノイズを低減させた量産乗用車用タイヤとして。
2008年11月30現在、日本では特許No.3612059等、計4件、外国では特許No.6726289等、計18件取得済。また、日本を含む世界で
合計115件の特許を申請中。
なお、1985.1/1〜2005.8/31間の特許文献、非技術文献、新聞・雑誌等の一般的な情報の範囲において、公報の目視スクリーニング等で調査し
た結果、「世界初」と推定される。この調査は、住友ゴム工業株式会社が第三者の調査会社に委託して実施。