マングローブの植樹方法 チーム・エナセーブ

マングローブの植樹活動は地元自治体指導のもと、地域住民と協力して行われています。
これから行われる植樹作業について、その方法をご紹介します。

1.植樹場所の選定

淡水と海水が混ざり合う汽水域であれば、どこでもマングローブが育つとはかぎりません。
マングローブは種類によって植生範囲が決まっているため、じっくり時間をかけて植樹場所を
選定する必要があります。

2.苗木準備

植樹用の苗木を作るため、苗床で約6ヶ月間育苗します。
幼い苗を狙うカニやサル、そして強力な直射日光から
苗木を守る日々が続きます。

3.整地作業・下草・雑木刈り

作業しやすいように下草を刈り、潮に流されて苗木を
傷めないように、木の周りにまとめます

4.スティッキング

植樹場所の目安として、1〜1.5メートル間隔に竹の棒を差していきます。

5.植樹作業

植樹場所に穴をあけ、苗を穴の中にまっすぐになるように
入れ、足で周りの土をかぶせるように踏み固めます。
地域の参加者にも植樹方法の指導を行います。

戻る
ダンロップ
  • メッセージ
  • 植樹活動のメリット
  • マングローブについて
  • Q&A

※画像はイメージです。

「エナセーブ」スペシャルサイトTOPへ