マングローブについて チーム・エナセーブ

成長の早いヒルギ科の植物

マングローブ(Mangrove)とは、熱帯〜亜熱帯地方の
河口汽水域の湿地に生育する森林のこと。
主な構成樹種はヒルギ科の植物で、根が海水に
浸かった状態で生育できるように、塩分を根で
ろ過したり、葉の表面から蒸散させたりするなど、
変わった特徴を持っています。
マングローブの成長力は、植樹3年目頃から旺盛となり、条件の良いところでは、年に1mも
成長します。 このため、造成したばかりのマングローブ林では、成長が止まるまでの間は
「地球温暖化防止効果」が期待できるのです。

村人の生活を支える林

海と隣り合わせの土地で生活する現地の人々に
とって、マングローブ林は生活に欠かせない資源です。
防潮林として強風や津波などから陸地の崩壊や住民
への被害を防ぐだけでなく、そのまわりにはたくさん
動物たちが集まることから、地域住民に絶好の漁場を
提供しています。
また、電気、ガスの普及が十分でない地方では、火力が強いマングローブ炭は薪材として
重宝され、腐りにくく強度も高いことから、民家や橋などの建材として広く用いられています。

マングローブの植樹方法
ダンロップ
  • メッセージ
  • 植樹活動のメリット
  • マングローブについて
  • Q&A

※画像はイメージです。

「エナセーブ」スペシャルサイトTOPへ