植樹地域~現地ブログ~ チーム・エナセーブ

マングローブの大切さ

記事のURLコメント (0)トラックバック (0) 2012年9月21日|植樹地の様子

インドネシアの沿岸部は元々マングローブに覆われていましたが、 エビ養殖等のために、伐採されてしまいました。 それから数十年たった現在。 村々には海水が浸入するようになってしまいました。 これは村の様子。高波の日は、生活がままなりません。 海の中の家?いやいや、昔は普通の漁村だったのですよ。 こうなってみて、人々は失ったマングローブ林の大切さを、心から実感するようになりました。 今では、住民らが自ら木を植える姿が見受けられるようになっています。 家の周りにマングローブを植えれば、木が生活を守ってくれるのです。 Check

ダンロップ