植樹地域~現地ブログ~ チーム・エナセーブ

たまには気分を変えて

2016年1月29日|インドネシアの文化

インドネシアの森林に育つチークやマホガニーといった木は家具などに向いていることで有名です。高級品として昔からヨーロッパ諸国で利用されており、日本の家具店でも目にする事が多いものです。インドネシアの町の中を歩いていると、こうした家具を制作している姿を目にすることがあります。

また、家具以外にも豊富な木材を利用して、様々な木工製品が作られています。例えばマンゴーの木材を利用して作ったお皿。エスニックなデザインが素敵ですね。たまにはこうしたお皿で気分を変えてみませんか!?

文・写真 公益財団法人 オイスカ スタッフ
記事のURLコメント(0)トラックバック(0)
コメントフォーム

ダンロップ