サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

安全への取り組み

毎日の走行の安全を脚元から支える

ダンロップのスタッドレスタイヤ技術とは

ダンロップが、より安全でより安心なドライビングのために、そして、過酷な冬道を走る人々のためにできることは、まだまだあります。いつも先を見て、先進の技術と新しい発想で、過酷な冬にも安心できる、新しいFACTを世に送り出すことが企業の使命だと考えています。

ダンロップのスタッドレスタイヤは季節に左右されることなく、
さまざまな冬の路面環境で何度も何度も走行テストを繰り返しながら
開発されています。路面状況が刻々と変わる厳冬の峠越えも
スーパーコンピュータ上でリアルに再現、徹底した検証が行われます。
あわせて、実際にアイスバーンを作り出せるインサイドドラムマシンや
実走行でのテストを重ねることで、さらに高性能に磨きをかけていきます。
あなたとあなたの大切な人の安全を願って。
デジタイヤとは スーパーコンピュータの中で実物に限りなく近いタイヤモデルを実走行と同じように走らせ、その動きを徹底的にシミュレーションするダンロップ独自のタイヤテクノロジーです。
200km/hで走行中のタイヤの接地面やタイヤ部材の動きを見たり、走行音を聞くことができるほか、雪や雨などによる路面環境の変化から受ける影響を車体やサスペンションの動きとともにシミュレーションすることができます。
また、この技術によって開発された製品のブランドとしても「デジタイヤ」を使用しています。

氷上性能を向上させた技術

氷の路面をしっかり引っかく「MAXXシャープエッジ」

ダンロップ独自のサイピング技術「ミウラ折りサイプ」のサイプ幅を25%細くした「新ミウラ折りサイプ」採用により、エッジ成分を22%アップさせた「MAXXシャープエッジ」を新開発。
シャープになった溝幅がブロックの倒れ込みを抑制することで接地面積を拡大、そして増加した多くのエッジ成分がアイスバーンをしっかりと引っかくことで、氷上でのブレーキ性能を一段と向上させています。
※=当社従来品(DSX-2)との比較において。タイヤサイズ:195/65R15 91Q

新ミウラ折りサイプの「MAXXシャープエッジ」がブロックの倒れ込みを抑制し、多くのエッジでアイスバーンをしっかり引っかく。

MAXXシャープエッジ
強くて柔らかい「ナノフィットゴム」

ダンロップ独自の新材料開発技術「4D NANO DESIGN」を駆使して開発された「ナノフィットゴム」は、高密度シリカと新開発した軟化剤の絶妙な配合により、ゴム全体は強く、接地面だけを柔らかくすることに成功。
マクロレベルでのブロック剛性を高め、また、アイスバーンのナノレベルの凹凸にしっかり密着し、氷上でのブレーキ性能を大きく向上させています。

WINTER MAXX アイスバーンブレーキのメカニズム(イメージ図)

WINTER MAXX アイスバーンブレーキのメカニズム
ブロック剛性比較(イメージ図):マクロ領域の合成UPでアイスバーンをしっかり引っかく

マクロレベルでの剛性を向上
高密度シリカによって構築されたネットワークで、ブロック剛性が高くなり、ブロック(サイプ)の倒れ込みを抑制。

ナノレベルのゴム分子(イメージ図):ナノ領域のゴムの柔軟性でアイスバーンの凹凸に密着

ゴム分子がナノレベルでしっかり密着
シリカ周りの軟化剤にクッションの役割を持たせることで、ゴムの柔軟性を引き出し、アイスバーンの凹凸に密着。

【マクロ】=「大規模な」「巨視的な」を表す形容詞。全体を捉えて表現するという意味の言葉です。
【ナノ】=10億分の1を表す単位。(例:1ナノメートル = 0.000 000 001メートル)ナノメートル精度の技術をナノテクノロジーと呼びます。

雪上性能を高めたパターンデザイン

たくましくなった雪上性能

WINTER MAXX のために専用設計したパターンの特長でもある、容積が大きく、太いラグ溝で、雪をしっかりと掴み、固めて前に進む、強力な雪上トラクションを発揮します。 さらに、外側のブロックを大型化した非対称パターンが、雪上での操縦安定性能をより向上させています。

容積が9%アップしたラグ溝

タイヤパターン

容積が9%アップしたラグ溝で雪をしっかり掴み排雪することで、雪上トラクション性能が大きく向上。
※=当社従来品(DSX-2)との比較において

雪上路面でラグ溝が雪を掴み、固める仕組み:荷重がかかりラグ溝が変形「雪を固めて掴む」→荷重が抜けラグ溝のカタチが残る「雪が抜ける」

雪上シミュレーション 雪上シミュレーション
雪がしっかり固められているため、
パターン跡が鮮明に残る。

ウエット性能を向上させた技術

排水効果を高めた主溝

容量が40%アップしたセンター部の主溝により排水性を高め、ウエット性能を大幅に向上させました。
また、この強力な排水効果により、シャーベット路面での走行性能も高めています。
※=当社従来品(DSX-2)との比較において

容積が40%アップした主溝

タイヤの主溝

ハイドロシミュレーション

ハイドロシミュレーション

ドライ性能を向上させた技術

操縦安定性能を高めた非対称パターン

パターン外側のブロックを大型化し剛性をアップ。この外側のブロックが、しっかりと踏ん張り、ヨレのない安定したコーナリング性能を実現します。
また、トレッド部のブロック剛性分布を最適化した設計により、さまざまな路面コンディションで高い操縦安定性能を発揮します。

ブロック剛性分布最適化

ブロック剛性分布図

ライフ性能を向上させた技術

耐摩耗性能を高めた「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」

ブロックの倒れ込みを抑制した「MAXXシャープエッジ」の採用により、偏摩耗を抑制。
また、マクロレベルでの剛性を高めた「ナノフィットゴム」が、耐摩耗性能を向上させています。

徹底された実車テスト

ダンロップのスタッドレスタイヤは、最先端の設備を駆使し、厳寒の冬道で極限まで鍛え上げられます。 ダンロップでは、北海道・名寄市の広大な敷地に、冬季専用タイヤテストコースを開設。
高速の周回路をはじめ、氷盤と圧雪で構成された多種多様な路面を配置し、冬の実路面以上に過酷な環境下でさまざまな状況を想定したテストが繰り返されています。
ダンロップのスタッドレスタイヤは、すべてこの厳寒地で極限まで鍛えられ、開発されています。

スタッドレスタイヤテストコース1
北海道・名寄/住友ゴム名寄タイヤテストコース
スタッドレスタイヤテストコース2
北海道・旭川/住友ゴム旭川タイヤテストコース