サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

安全への取り組み

毎日の走行の安全を脚元から支える

ダンロップのランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ技術

空気圧0(ゼロ)でも走行可能で安全性向上。走行中、完全なパンク状態(空気圧ゼロ)になっても、所定の速度で一定の距離※の走行が可能です。
※速度80km/hで距離80km走行できることがランフラットタイヤとしての要件。

スペアタイヤ不要で、車内空間にゆとりと、省資源・低燃費に貢献。スペアタイヤが不要になるため、車内空間にゆとりがうまれ車体の軽量化を実現。
省資源や軽量化による低燃費など環境性能が向上します。

主流のサイド補強式をさらに進化させたCTT(Combined Technology Tyre)。独特の断面形状をもつことでより強靭になり軽量化も実現。
ハイドロプレーニング性能や雪上性能、コーナリング性能、耐摩耗性向上など高性能化を実現。

自動車メーカーが認めた確かな技術力。世界のプレミアムカーの純正タイヤ(標準装着タイヤ)として装着。高い評価と信頼を得ています。

ランフラットタイヤの安全性

パンクした瞬間の安全性の確保 走行中にタイヤがパンクすると、タイヤの変形が起こり、ハンドルを取られる危険性があります。
ランフラットタイヤはパンクした瞬間でも、タイヤの変形を防ぎ安全な走行が保たれます。

パンクした状態でも一定距離を走ることが出来るので、危険を伴う路上でのタイヤ交換作業が不要パンクが起こってしまったらその場でスペアタイヤに交換する必要があります。
しかし、タイヤ交換には相応の体力を必要としますので、交換作業自体が困難となってしまう場合もあります。
その場合は、修理業者などにタイヤ交換を依頼すればよいのですがタイヤのパンクはいつどこで起こるかわかりませんので、パンクをしてしまった場所によっては、到着を待つ間すらも危険にさらされてしまう場合があります。
(高速道路など)ランフラットタイヤならその場でのタイヤ交換が不要となるため、そういった危険から回避することが出来ます。
また、正確なタイヤ交換作業が出来なかった場合なども安全な走行に支障をきたす場合がありますので、タイヤ交換自体が不要となるランフラットタイヤは、より高い安全性を確保することが出来ます。

※パンクした場合はすみやかに、ランフラットタイヤ交換作業対応店にてタイヤ交換を行ってください。

>サービス対応点検索はこちら

ダンロップのランフラットタイヤ技術

主流となっているサイド補強式をさらに進化させたCTT(Combined Technology tyre)。
ダンロップのランフラットタイヤ技術DSST(DUNLOP Self-Supporting Technology)は、
さらなる高性能化を目指す。
ダンロップはランフラットタイヤ開発に、サイド補強式とサポートリング方式という2種類のアプローチを発表しています。
現在主流となっているサイド補強式ランフラットタイヤのメリットは、完全なパンク状態でも走行可能であることと、一般タイヤと同じホイール・リムが使用できるという点にあります。しかし、タイヤが重く硬くなるというデメリットがあり、乗り心地やクルマの諸性能に悪影響を与えることもありました。
ダンロップはランフラットタイヤ技術DSSTを用いて形状技術CTTを開発しました。CTT最大の特長は、独特の丸みを持つインボリュート曲線を採用した断面形状です。トレッド部を丸くすることでサイドウォールを短く強靭に設計し、ランフラット性能の発揮と同時に軽量化も実現させました。同じ接地面積でも接地長さが従来より長く、接地幅は狭くなるCTT独特の接地形状は優れたハイドロプレーニング性能や雪上性能を発揮します。その接地形状は強い横剛性が加わることで高いコーナリング特性を発揮することや耐摩耗性が向上し、車外騒音も低く抑えられるなどさまざまな面で一般タイヤよりも高性能化を実現しています。
RUNFLAT TYRE 構造図