サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

環境への取り組み

豊かな地球環境を守るために

CO2削減のために

地球温暖化問題が深刻化する現在、更なるCO2排出量の削減が急務となっています。ダンロップでは、開発や、物流におけるCO2の削減はもちろん、全社をあげた緑化活動など、様々な段階でこの問題に取り組んでいます。

緑化活動

Team.ENASAVE
地球を愛するすべての人とチームを組んで、豊かな地球環境を築いていきたい。
そんな想いのもと、ダンロップは「Team.ENASAVE」を結成します。
ダンロップは、この名のもとにお客さまの協力を得ながら、植樹活動をはじめとした様々な環境活動を
2009年より行ってまいります。

どんぐりプロジェクト。

どんぐり拾いを通して自然とふれあい、集めたどんぐりを育てて緑の森を増やしていこうという地域の緑化活動です。
地域の方々や従業員から各工場の「どんぐり銀行」に寄せられたどんぐりを、工場で大切に苗木まで育て、
地域への苗木の提供や植樹、また各事業所の緑化などに活用しています。
たとえば六甲山では、4ヘクタールにも及ぶ「住友ゴムGENKIの森」づくりが予定されています。
どんぐりプロジェクトの概要

環境配慮商品の開発

ecolineup

石油外天然資源比率、転がり抵抗値、軽量化、耐摩耗性能など、ダンロップ独自の厳しい環境基準をクリアした商品を「eco line up」と定め、更なる環境性能の強化に努めています。2009年から上市する国内市販用タイヤは全て自社基準を満たしたタイヤとなり、2015年には国内で販売する市販用タイヤの主力商品は、全てこの自社基準を満たしたものとなります。

※対象品目は、国内市販用の乗用車、バス、トラック、ライトトラック用です。
低燃費タイヤ「VEURO VE303」 低燃費タイヤ「LE MANS V」 ミニバン用低燃費タイヤ「エナセーブ RV504」 低燃費タイヤ「エナセーブ EC203」 低燃費タイヤ「エナセーブ PREMIUM」
低燃費タイヤ「エナセーブ NEXTⅡ」 低燃費タイヤ「エナセーブ 100」 輸入外車用ハイパフォーマンスタイヤ「SP SPORT MAXX 050+」 輸入外車用ハイパフォーマンスタイヤ「SP SPORT MAXX 050+ FOR SUV」
スポーツタイヤ「DIREZZA ZⅢ」 スポーツタイヤ「DIREZZA DZ102」 4×4&SUV用タイヤ「GRANDTREK PT3」 4×4&SUV用タイヤ「GRANDTREK AT3」

モーダルシフト

物流においてもCO2の削減を

物流においても、トラック輸送から、より環境負荷の小さい鉄道コンテナ・フェリー便へ移行するモーダルシフトを推進することで、タイヤ輸送に伴うCO2排出量の削減に貢献しています。
トラックと船舶の複合利用
トラックと船舶の複合利用

廃棄物削減のために

大量生産・大量消費の経済活動は、膨大な量の廃棄物を発生させ、環境に対する負荷の増大を招いてしまいます。
ダンロップでは、工場における廃棄物削減や、廃タイヤのリサイクルなど、生産・廃棄段階で大きな成果を上げています。

ゼロエミッション

厳格な環境経営を推進

1997年に国内タイヤメーカーのトップを切って環境マネジメントシステムの国際規格・ISO14001を取得したほか、国内外すべてのタイヤ生産拠点でも取得を済ませています。
また、2005年には日本のタイヤメーカーとして始めて、国内全工場で埋立廃棄物をゼロにする「完全ゼロエミッション」を達成するなど、厳格な環境経営を推進しています。

ゼロエミッション

リサイクル

廃タイヤにも新たな道を

日本国内で発生する廃タイヤは、毎年約1億本にも上ります。
ダンロップでは、廃タイヤを燃料として使用する廃タイヤボイラーシステムを3工場で保有している他、摩耗した使用済みタイヤにトレッドゴムを貼り付けて新たな製品にする「更正タイヤ」の製造や、廃タイヤを有効活用する「アスファルトラバー」の開発など、リサイクルにも力を入れています。
更生タイヤの製造工程