サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

サイレントコア(特殊吸音スポンジ)
搭載タイヤ 取り扱い説明書

PDF版はこちら

ご注意:当商品は、タイヤ内部にサイレントコア(特殊吸音スポンジ)を搭載しているため、パンク修理の方法も従来とは若干異なります。
内面パンク修理の際は、取扱説明書をご確認ください。

当商品は、タイヤ内部にサイレントコアを装着し、空洞共鳴音の低減に成功した商品です。
この効果を維持するため、この取扱説明書をよくお読みになり、注意事項を必ずお守りくださるよう、お願いいたします。
※空洞共鳴音とは、タイヤの中の空気の共鳴によって発生する騒音です。詳しくはこちら

取扱方法

●サイレントコアに水分・油分・泥などを付着させないでください。
サイレントコアが変質したり、振動発生の原因となります。万一付着した場合は、乾いた布でふき取り、よく乾燥させてください。

●万一、寒冷地でサイレントコアに付着した水分が凍結した場合、凍結部分が自然に溶けるのを待ち、乾いた布で水分をふき取り、よく乾燥させてください。

警告
●汚れをふき取る際、洗剤類や有機溶剤類はサイレントコアやタイヤ内面に悪影響を及ぼす恐れがありますので、絶対に使用しないでください。
警告
●サイレントコアは特殊な接着剤でタイヤに貼り付けられています。
タイヤ内面を損傷する恐れがありますので、カッター等を使用してサイレントコアを無理に剥がさないでください。
また、剥がしたサイレントコアを他のタイヤに装着しないでください。
内面パンク修理で部分的にサイレントコアを除去する必要がある場合は、「内面パンク修理の方法」の手順に従ってください。
警告
●このタイヤはチューブレス専用タイヤです。
チューブを入れるとサイレントコアやチューブが損傷する恐れがありますので、チューブは絶対に使用しないでください。

保管方法

●タイヤ単体で保管する場合は、必ず屋内の直射日光があたらない場所に保管してください。
また、水分・油分、ストーブなどの熱源、電気火花の出る装置の付近などは避けてください。

警告
●やむを得ず屋外保管する場合は、直射日光を防ぎ、水分・油分・泥などの付着を防止するため、光を通さないビニール袋等に入れて密封保管してください。
特に寒冷地でサイレントコアに付着した水分が凍結した場合、衝撃を与えるとサイレントコアが破損する恐れがあります。

パンク修理の方法

●傷の程度と範囲から、パンク修理ができない場合があります。

危険
●タイヤの内面からパンクを修理する際は、「内面パンク修理の方法」の手順に従ってください。
不適切な方法で修理をすると、タイヤの損傷につながる恐れがあります。
警告
●新車装着の応急パンク修理液を使用した場合、その後のタイヤの修理・継続使用はできません。
応急パンク修理液を使用後は必ず新品タイヤに交換してください。
また住友ゴム工業(株)製以外の瞬間パンク修理剤(エアゾールタイプのものなど)は、パンク穴が完全にふさがらない場合がありますので、使用しないでください。

リム組み・リム外し時の注意事項

●リム組みやリム外しをする際、必ずタイヤ・リム組み専用の潤滑剤を使用してください。
また潤滑剤がサイレントコアに付着しないように注意してください。

●リム組みやリム外しをする際、タイヤレバーなどでサイレントコアを傷つけないように注意してください。

その他のご注意

●サイレントコアは空洞共鳴音を低減しますが、低減効果は車両の音響特性により差が生じます。

●本タイヤは通常のタイヤと同様に処理することができます。
使用済みタイヤは不法投棄せず、専門業者に依頼するなど必ず適切な方法で処分してください。
※その他タイヤに関する注意事項はカタログをご参照ください。

補修・修理のお問い合わせ

●その他、補修・修理に関してご不明な点は、「お客様相談室」までお問い合わせください。

サイレントコア搭載タイヤ
 内面パンク修理の方法

  1. 内面タイヤパンク修理の方法1 内部修理に必要なツール例
  2. 内面タイヤパンク修理の方法2 傷穴の方向を確認し、プライヤーペンチで異物を除去する
  3. 内面タイヤパンク修理の方法3 スパイラルリーマーをタイヤの外側から挿入し、傷穴の方向を確認する
  4. 内面タイヤパンク修理の方法4 サイレントコアを貫通させ、傷穴の方向を内側からも確認する
  5. 内面タイヤパンク修理の方法5 損傷箇所特定のため、傷穴を中心に十字にマーキングする
    (プラグパッチのサイズより少し大きめに)
  6. 内面タイヤパンク修理の方法6 ハサミを使い、サイレントコアの凸部に斜め(45度位)に2ヶ所切れ込みを入れる
    ※作業にカッターは絶対に使用しないでください
  7. 内面タイヤパンク修理の方法7 切れ込み部分のサイレントコアを手でむしり取る
  8. 内面タイヤパンク修理の方法8 損傷箇所特定のため、再び傷穴を中心に十字にマーキングする
  9. 内面タイヤパンク修理の方法9 インナーライナーが露出するまでグラインダーで薄く均等にバフがけをする
  10. 内面タイヤパンク修理の方法10 スクラッチャーで削りカスを除去し、表面を滑らかにする
  11. 内面タイヤパンク修理の方法11: タイヤ内部に残った削りカス等を除去する。(以後の作業は、通常の内面修理の方法と同じです)
  12. 内面タイヤパンク修理の方法12 スパイラルリーマーに加硫剤を塗り内側から挿入し、傷穴の清掃と方向確認をする
  13. 内面タイヤパンク修理の方法13 バフがけをした面に加硫剤を薄く均等に塗る
  14. 内面タイヤパンク修理の方法14 同時に、プラグパッチの白いテープを剥がし、内側に加硫剤を薄く均等に塗り、完全に乾燥させる(約15分~20分)
  15. 内面タイヤパンク修理の方法15 プラグパッチの金属部分をタイヤの内側から傷穴に挿入する
  16. 内面タイヤパンク修理の方法16 ドライバーの柄をテコにして、タイヤの外側に出た金属部分をプライヤーペンチで引き抜く
  17. 内面タイヤパンク修理の方法17 タイヤの内側を手で押さえ、外側に出たゴムを引っ張り、プラグパッチを密着させる
  18. 内面タイヤパンク修理の方法18 ローラーで中心から外に向かってプラグパッチを圧着する
  19. 内面タイヤパンク修理の方法19 エアーを入れ、霧吹きスプレーでエアーもれをチェックする
  20. 内面タイヤパンク修理の方法20 タイヤの外側に出たゴムを、1ミリから1.5ミリ残して切り取る