サイト内検索

  • タイヤの基礎知識はこちら

    タイヤサイズの見方、インチアップ、他
    タイヤの基礎情報でお困りならこちら。
    わかりやすく解説する動画も公開中!

    ≫ タイヤの基礎知識はこちら

ダンロップヒストリー

フォトギャラリー

100余年を越すダンロップのタイヤにおける歴史には、実に多くの人々が関わり、そして数限りないテストや開発を繰り返してきました。それは、今日の車社会にはなくてはならない歴史でもあります。
このページは、ダンロップ各社に保管されている中で、特に海外を中心としたできるだけ古い写真を集めて構成しました。

  • 1888
  • 1898
  • 1902
  • 1904
  • 1913
  • 1920
  • 1927
  • 1928
  • 1936
  • 1937
  • 1938
  • 1947
  • 1956
  • 1959
  • 1888

    ドイツ第2次世界大戦前

    ハナウ工場での作業風景。(ドイツ 第2次世界大戦前)

  • 1898

    インド 1898年

    インドのポンペイに開設されたイギリスのダンロップ社の支店。(インド 1898年)

  • 1902

    ドイツ 1902年

    創業間もないハナウ工場(ドイツ 1902年)

  • 1904

    オーストラリア 1904年

    第1回オーストラリア大陸横断の、クロスカントリーレースで活躍するダンロップタイヤ装着車。(オーストラリア 1904年)

  • オーストラリア 1904年

    第1回オーストラリア大陸横断の、クロスカントリーレースで活躍するダンロップタイヤ装着車。(オーストラリア 1904年)

  • 1913

    日本 1913年(大正2年)

    1913年(大正2年)、ダンロップ(極東)は、日本で初めて自動車タイヤの生産に入ったが、写真は、その第1号タイヤ。

  • 1920

    日本 1920年頃

    神戸工場での女子従業員による作業風景。(日本 1920年頃)

  • 1927

    アメリカ 1927年

    1927年ダンロップタイヤを装着して、アメリカのデイトナビーチで、平均時速203マイル(326.6km)の新記録を達成したサンビームの特別カーとゼグレブ少佐(イギリス)

  • 1928

    イギリス 1928年

    ご見学のため、バーミンガム工場に到着されたジョージ五世(車の中)とその一行。(イギリス 1928年)

  • イギリス バーミンガム工場 1928年

    当時、生産されていた全種類のタイヤを装着した車の勢揃い。(イギリス バーミンガム工場 1928年)

  • 1936

    フランス 1936年

    フランスのグランプリレースで、ダンロップタイヤを装着のブガッティで勝利を飾った当時のフランスの著名ドライバーJ.P.Wimille(左)とR.Sommer。(フランス 1936年)

  • 1937

    イギリス 1937年

    ダンロップタイヤの発達史を示したディスプレー。(イギリス 1937年)

  • 1938

    インド 1938年

    独立運動のため、ダンロップタイヤを装着した牛車で各地をまわった当時のインド議長のカーネル氏。(インド 1938年)

  • 1947

    日本 1947年

    天皇陛下の神戸工場ご見学。(日本 1947年)

  • アメリカ 1947年

    ダンロップ社は、数多くのスピード記録の挑戦にタイヤを提供してきたが、写真は1947年、アメリカ・ユタ州で行われたスピードレースで、時速394マイル(634km)の新記録を樹立した、Railton Mobil Special号は、後にダンロップ社によりイギリス・バーミンガムにある科学博物館に寄贈され展示されている。

  • 1956

    アメリカ 1956年

    バッファロー工場前。(アメリカ 1956年)

  • 1959

    フランス 1959年

    ド・ゴール大統領(当時)のモンルーソン工場見学。(フランス 1959年)

Page TOP